実績は大事

まずは包茎について簡単に説明します。
男性特有の悩みである包茎。
そのままほっておくと恥垢がたまり衛生的にも良くなくニオイも気になるものです。
ほとんどのアンケートでも女性のほとんどが包茎をいやだと感じている結果が出ています。
また、日本人の5割以上が包茎だと言われており多くの男性が悩んでいるのも事実です。
そのまま放置しておくと様々な病気の原因にもなります。
性感染症や尿道炎、亀頭包皮炎、陰茎ガンなど引き起こす可能性があります。
包茎治療は、現在かなり進歩しておりコンプレックスや不安を感じているのであれば早めに病院に行って相談をすることをおすすめします。
性術の方法も包茎の種類に応じていろいろな術式があるので相談しましょう。

種類は大きく分けて3つあります。
仮性、カントン、真性とあり、自分で寄せれば亀頭を露出させることができるものを仮性。
非勃起時には剥くことができるが勃起時には痛くて剥くことができないカントン、勃起時でも非勃起時でも剥くことができない真性の3種類です。
一番一般的な術式は環状切開法と言われる方法で余分な皮を切除して縫合する施術です。
跡は少し残りますが綺麗に縫合するため仕上がりは自然で30分くらいで終わります。
更に綺麗に仕上げる場合は亀頭下縫合法があり亀頭の傷跡が下にくるため目立ちにくく40分くらいでできます。
比較的若い人や手術のことを隠したい方にはおすすめの施術です。
手術の後は包帯で巻いてしばらく過ごしますが日常生活には支障はないので安心です。