正しい選び方

常に亀頭に包皮がかぶさった状態の包茎は男性特有の悩みです。
それによって女性に嫌われないか、自分のイメージが落ちるのではないかと懸念する男性も多いでしょう。
しかし、多くの男性が悩んでいるこの問題には、近年多くの治療法が行われているのをご存知でしょうか。
包茎を改善する治療や手術の多くは、包皮を切断することで亀頭を露出させるものが多く、クランプ式手術などがこの代表例にあげられます。
そして包皮を縫合するばしょによって亀頭直下法などに分類されます。
また、包皮を切断することなく包皮が剥けやすくなるように糸をつかって縫い目をつけるという手術も最近では現れてきました。
リーズナブルで軽度な包茎の人に最適と言われています。

古くから男性の悩みの種の一つであった「包茎」ですが、それを解決するため医療を用いだしたのはいつごろのことなのでしょうか。
この男性特有の悩みに対する有力な文献は少なく、いつごろから「包茎は恥ずかしいことである」とする風潮が生まれたのかはわかっていません。
しかし、江戸時代にはすでに恥ずかしいものとされ、手術も行われていたようです。
数十年前から主流とされてきた包茎手術は先述した「クランプ式手術(クランプ法)」で、クランプという器具を使って包皮を切り取る手術です。
しかしこれには痕が残りやすいなどのデメリットが多くあり、最近では高度な技術を利用して一人一人の包皮の切除の仕方をあらかじめ計算して切除するといったようなものも多く現れてきました。